毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

インターネット・コンピュータ ニュース

インテルCPU Core i9-7980XE、7960X、7940Xの販売が始まった!!

投稿日:2017年10月25日 更新日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

今日は少し寒い。

いよいよIntel Core Xシリーズの単品販売が、10月25日(水)11時に始まりました。

けっこうお高いですが、並んで買う人もいるようですね。

スポンサーリンク




Intel Core i9

実売24万円越え、18コア/36スレッドの「Core i9-7980XE」が25日に発売

今回発売されたCPUは3種類。

Skylake-Xと呼ばれている自作PC向けCPUで、発売済みの下位モデルに追加するかたち。

 Core i9-7980XE 税込245,980円前後

  • 18コア/36スレッド
  • ベースクロック     2.6GHz
  • ターボブースト     4.2GHz
  • キャッシュ       24.75MB

 

 Core i9-7960X  税込208,980円前後

  • 16コア/32スレッド
  • ベースクロック     2.8GHz
  • ターボブースト     4.2GHz
  • キャッシュ        22MB

 

 Core i9-7940X  税込171,980円前後

  • 14コア/28スレッド
  • ベースクロック     3.1GHz
  • ターボブースト     4.3GHz
  • キャッシュ      19.25MB

 

共通の仕様

  • 製造プロセス   14nm
  • メモリ     DDR4-2666
  • PCIeレーン   44
  • TDP      165W
  • チップセット Intel X299
  • ソケット   LGA2066

おすすめは何といっても「Core i9-7980XE」。

何といっても18コア/36スレッド。

36個脳みそある感じですね。

何でも一番上のランクが間違いないのです。

ツクモ でCore i9シリーズをチェックする
アーク でCore i9シリーズをチェックする
PCワンズでCore i9シリーズをチェックする

 



ゲームも動画もフォトショもなんでもOK!!

「脳みそ」の画像検索結果「脳みそ」の画像検索結果「脳みそ」の画像検索結果

コアが多いことはいいことです。

脳みそがたくさんあるのと一緒で、同時にいろんなことが出来ますね。

ゲームしながらチャットしながら配信しながら調べものをしながらピザの注文までやっても全然大丈夫!

なんか昔のオフコンとかミニコンを思い出しました。

シングルスレッドだったけど、端末をいっぱいつないで作業をちょっとづつこなしていく作戦、なんちゃって並列処理。

当時はマシン室なんてのがあって空調ばっちりでよかったな。

ミニコンはちょっとした家具くらいの大きさがあったけど、今ではノートPCで何倍もの作業ができるっていうのが時代を感じさせますね。

注意点

新発売のCore i9ですが、個人的にはお値段高すぎで手が出ません(´;ω;`)

どんな人が買われるんでしょうか。

うらやましいですね・・・

 

このCPUはIntel X299チップセットでLGA2066のソケットのマザーボードに対応します。

なので、ポン付け出来る方は限られてくるかもしれません。

また、電源、メモリの量や、GPUの性能、冷却に関してもそれなりに配慮したほうがよいかと。

同日に発売されたASUS製MBと一緒なら間違いないですね。

ROG RAMPAGE VI EXTREMEAmazonで見てみる。


何事もバランスが大事です。

 

インテルは11月には8000番台のCoffee Lakeも発売します。

お値段的にはこっちのほうが現実的カナ?

今から楽しみですね。

ありがとうございました。







-インターネット・コンピュータ, ニュース
-