毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

インターネット・コンピュータ 自作PC

【Kaby Lake-G】CES2018でRadeon内蔵「Kaby Lake-G」登場! 新型「NUC」も出た

2018年1月9日

どうもこんにちわ!unianikiiです。

噂の「RADEON入ってるCPU」が正式発表されましたね。




Intel Core processor with Radeon RX Vega M Graphics

with Radeon RX Vega M Graphics

with Radeon RX Vega M Graphics

インテルは1月7日第8世代Coreプロセッサーの新シリーズ「Intel Core processor with Radeon RX Vega M Graphics」を発表しました。

これは過去記事で「Kaby Lake-G」と呼んでいたノートPC用CPUですが、正式なシリーズ名や型番、動作クロックなどを含めた詳細が発表され、米国ラスベガスで開催する「CES 2018」でも採用PCが展示される予定です。

第8世代Core with Radeonのスペック

第8世代Core with Radeonのスペック

今回発表した第8世代Core with Radeonは全部で5モデル。

上から順に

  • Core i7-8809G Compute Unitsが24基でSP数1536
  • Core i7-8709G 同上
  • Core i7-8706G Compute Unitsが20基でSP数1280基
  • Core i7-8705G 同上
  • Core i5-8305G 同上

というラインアップになります。



CPUのコア/スレッド数はいずれも4コア/8スレッド。

なんとオーバークロックに対応しています。

ちょっと期待した「Coffee Lake」ベースではないみたいですね。

噂通り「HBM2」を4GBぶん搭載。

何気にこれまでのGPU内蔵CPUを大きく超える性能が最大のウリです。

内臓GPUが2系統

第8世代Core with Radeonの概要

第8世代Core with Radeonの概要

 

ちょっとした売りですが内蔵GPUが2系統あります。

他の「Core iシリーズ」と同じくCPUと一緒にダイに統合された「Intel HD Graphics 630」と今回の主役「Radeon RX Vega M Graphics」です。

上位の2モデルにはCompute Unitsが24基でSP数1536基の「Radeon RX Vega M GH Graphics」、下位の3モデルにはCompute Unitsが20基でSP数1280基の「Radeon RX Vega M GL Graphics」を採用しています。

 

「Radeon RX Vega M Graphics」の良いところは「HBM2」。

CPUとのやりとりでボトルネックになっていた「VRAM」のスピードが劇的に速くなりました。

「HBM2」を積むにあたりインテルの技術があったりなかったり。

デスクトップ用「Raven Ridge」にも活かされたのかな。

といわけで別にGPUを用意しなくても普段は「内臓GPU」ゲームの時は「外付けGPU」観ないな使い方ができるという。



Vega M GLはGeForce GTX 1050の1.4倍の性能

Core i7-4720HQ+GeForce GTX 950Mとの比較

Core i7-4720HQ+GeForce GTX 950Mとの比較

Core i7-4720HQ&GeForce GTX 950Mを搭載する3年前のPCと比較すると、最大で3倍も性能が向上しています。

iGPUとdGPUを用途に応じて使い分けているところが「Intel Core processor with Radeon RX Vega M Graphics」の最大の良さ!

ちなみに「Vega M GL」は、Core i7-8550U&GeForce GTX 1050搭載モデルと比べて、最大で1.4倍の性能になるとのこと。

「HITMAN」や「DEUS EX:MANKIND DIVIDED」など、AMD向けのゲームではありますが、GTX1050にGPU内臓CPUで勝っちゃうというのはすごいね。

Max-QデザインのGTX 1060を超えるVega M GH

3年前のPC(Core i7-4720HQ&GeForce GTX 960M)との比較。

Core i7-4720HQ+GeForce GTX 960Mとの比較。

Core i7-4720HQとGeForce GTX 960Mを搭載する3年前のPCと比較すると、最大で2.7倍の差。

GLと比べて、いずれのPCゲームでもフルHD/60fps超えで遊べる性能をターゲットにしていることがわかります。

Vega M GHの性能はNVIDIAの薄型デザインMax-Qを採用した、Core i7-7700HQ&GeForce GTX 1060搭載PCを超える性能を実現しています。

GTX 1060をGPU内蔵CPUで超えるとなると、Max-QデザインのGTX 1060モデルとはバチバチの競合になりますが・・・

PCメーカーはGTX 1060のMax-QやるくらいならVega M GH採用第8世代Coreのほうが設計が楽かもしれませんね。



第8世代Core with Radeonを搭載した新型NUCも登場

第8世代Core with Radeonを搭載する「Intel NUC 8シリーズ」。2モデルをラインアップ。

第8世代Core with Radeonを搭載する「Intel NUC 8シリーズ」。

当然出ますドクロマークの新型NUC「Intel NUC 8シリーズ」

  • Core i7-8809Gを搭載する「NUC8i7HVK」
  • Core i7-8705Gを採用する「NUC8i7HNK」

いずれもIEEE 802.11ac(2×2)無線LAN&Bluetooth v4.2コンボカードがM.2で実装されています。

とにかくインターフェースが豊富で、ゲームにVRにコンテンツ制作と幅広い用途で使える省スペースPCです。

新型NUC「Intel NUC 8シリーズ」。Core i7-8809Gを搭載するモデルはアンロックのOC対応。

新型NUC「Intel NUC 8シリーズ」

メモリースロットはデュアルチャンネル対応で2基、最大DDR4-2400、最大容量32GBのSODIMMに対応します。

ありがとうございました。

 







CATEGORIES & TAGS

インターネット・コンピュータ, 自作PC, , , , , ,

AD






ブログランキング 応援お願いします

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

目元パッチリまつ毛で変わる!

水虫のおなやみ

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ