毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

自作PC

【パソコンの話題】容量16GbのGDDR6 Samsung発表 HBM2よりいい?

投稿日:2018年1月19日 更新日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

韓国Samsung Electronicsが新しいグラフィック用のメモリの量産を始めました。

スポンサーリンク




GDDR6

同社独自の10nmクラスプロセス技術を採用し、20nmのGDDR5の2倍になる16Gbという大容量を実現。また、1ピンあたりの転送速度は18Gbpsを実現し、チップ全体で72GB/sの転送速度を誇る。

計算上、256bit幅のGPUで採用すれば576GB/s、384bit幅のGPUで採用すれば864GB/sという、HBM2を採用するTITAN V(652.8GB/s)をも上回る転送速度を達成する。

また、GDDR5の製品と比較して容量も倍増することになる。駆動電圧もGDDR5の1.55Vから1.35Vに減っており、消費電力を35%削減可能としている。現在急成長を見せる8Kビデオのプロセッシング、VR、AR、AI分野に好適としている。

Samsungは先日発表した2.4Gbps/容量8GBのHBM2と合わせて、今後数年プレミアムメモリ市場を加速するとしている。

引用:pc.watch



「GDDR」はざっくりいうとビデオカード用のメモリ技術です。

現在主流なのは「GDDR5」で容量は2~8Gbが多いですね。

エントリー向けのビデオカードにはいまだに「GDDR3」とか「GDDR4」を使っているものもあります。

今回発表された「GDDR6」は組み合わせるGPUによっては、もう一つのメモリ技術「HBM2」を凌駕すると言われています。

「HBM2」はこの前発表された「RADEON入ってるインテルCPU」のVRAMとして採用されていますね。

「GDDR6」が搭載されたビデオカードが出てくるのはまだ少し先になるでしょうが、今から楽しみですね。

ありがとうございました。

 

 







-自作PC
-, ,

このページの検索

AD








ブログランキング 応援お願いします

ブログランキング 応援お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

目元パッチリまつ毛で変わる!

水虫のおなやみ