毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

インターネット・コンピュータ

【インテルCPU】ノートPC向け6コア12スレッド対応CPU「Core i9」など「第8世代プロセッサcoffee Lake」の新モデルを発表。デスクトップ向け省電力モデルや新300シリーズチップセットも同時発表。

投稿日:2018年4月3日 更新日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

予定通りインテルの第8世代CPU「Coffee Lake」の新モデルが登場しました。

【インテルCPU】「Coffee Lake-S」の下位モデルと「H370、B360、H310」チップセット搭載マザーボードが4月3日に発売。

今回に新しく加わったのは

  • ノートPC向けH-Series
    6コア12スレッドモデルを含む
  • ノートPC向けU-Series
    「Iris Plus Graphics」採用、TDP28W
  • デスクトップPC向けS-Series
    「PentiumGold」など従来製品の下位モデルと「T」付き省電力モデル

これに合わせ、今まで「Intel Z370」しか選択肢のなかった「Coffee Lake-S」向けチップセットも新たに4製品「Intel H370」「Intel H310」「Intel Q370」「Intel B360」が加わります。

スポンサーリンク




ノートPC向けHシリーズ

一番のトピックは何と言ってもノートPC向け6コア12スレッド対応CPU!ノートPC向けとしては初めて「Core i9」を冠するモデルもあります。

参照:https://wccftech.com/intel-8th-gen-coffee-lake-h-notebook-cpu-lineup-launch/

Intel Coffee Lake-H 新モデルのスペック

CPU Name Intel Core i5-8300H Intel Core i5-8400H Intel Core i7-8750H Intel Core i7-8850H (Partial Unlocked) Intel Xeon E-2176M Intel Xeon E-2186M Intel Core i9-8950HK (Fully Unlocked)
CPU Family Coffee Lake-H Coffee Lake-H Coffee Lake-H Coffee Lake-H Coffee Lake-H Coffee Lake-H Coffee Lake-H
Platform Mobile Notebook Mobile Notebook Mobile Notebook Mobile Notebook Mobile Workstation Mobile Workstation Mobile Notebook
CPU Cores 4 4 6 6 6 6 6
CPU Threads 8 8 12 12 12 12 12
Base Clock 2.30 GHz 2.50 GHz 2.20 GHz 2.60 GHz 2.70 GHz 2.90 GHz 2.90 GHz
Multi Core Boost 3.90 GHz 4.10 GHz 3.90 GHz 4.00 GHz 4.10 GHz 4.30 GHz 4.30 GHz
Single Core Boost 4.00 GHz 4.20 GHz 4.20 GHz 4.30 GHz 4.40 GHz 4.80 GHz 4.80 GHz
L3 Cache 8 MB L3 8 MB L3 9 MB L3 9 MB L3 12 MB L3 12 MB L3 12 MB L3
TDP 45W 45W 45W 45W 45W cTDP 45-35W cTDP 45-35W
Intel Optane Support Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
Intel vPro Technology No Yes No Yes Yes Yes No

6コア12スレッドのモデルは「Core i9-8950HK」が1製品と「Core i7シリーズ」「Core i5シリーズ」「Xeon E2000Mシリーズ」が2製品ずつの合わせて計7製品。

「Core i9-8950HK」と「Xeon E-2186M」は新しい自動クロックアップ技術「Thermal Velocity Boost Technology(TVB)」を用いて、シングルコアブースト時の最大クロックがノートPCとしては極めて高い4.8GHzをたたき出します!!

Thermal Velocity Boost Technology(TVB)

Thermal Velocity Boost Technology(TVB)

このうちいわゆる「ゲームノート」に使われるのは「Core i9-8950HK」「Core i7-8750H」「Core i5-8300H」の3つで、他4つは企業向けとのこと。

その他新しいトピックとして

  • Xeonの2モデルはECCメモリに対応
  • 対応チップセットはIntel 300シリーズ
  • PCI ExpressおよびThunderbolt 3のアクセス遅延低減
  • 無線LANコントローラ「Intel Wireless-AC 2×2 160MHz」に対応

「PCI ExpressおよびThunderbolt 3のアクセス遅延低減」によって「Core i9-8950HK」は第7世代の「Kaby Lake-H」と比べて総合性能で最大29%高いだけでなく、純然たるゲームのフレームレートも最大41%、ゲームをプレイしながら配信と録画を行ったときの性能も最大32%高いとそうです。

ノートPC向けUシリーズ

「U-Series Processors with Intel Iris Plus Graphics」はTDP 28Wモデル。

インテルは「14nm++プロセス」の「Kaby Lake Refresh」CPUを「第8世代Coreプロセッサ」として2017年にリリースしていますが、今回のUシリーズの発表で、薄型ノートPC向けに「Coffee Lake」世代のCPUが加わります。

「U-Series Processors with Intel Iris Plus Graphics」の最大の特徴は統合型グラフィックス機能「Iris Plus Graphics」を採用するところ。

グラフィックス処理用のDRAM「eDRAM」を最大128 MB実装するちょっといいやつです。

参照:https://wccftech.com/intel-8th-gen-coffee-lake-u-iris-plus-graphics-cpus-launch/

U-Series Processors with Intel Iris Plus Graphicsのスペック

CPU Name Intel Core i3-8109U Intel Core i5-8259U Intel Core i5-8269U Intel Core i7-8559U
CPU Family Coffee Lake-U Coffee Lake-U Coffee Lake-U Coffee Lake-U
Platform Mainstream Mobile Mainstream Mobile Mainstream Mobile Mainstream Mobile
CPU Cores 2 4 4 4
CPU Threads 4 8 8 8
Base Clock 3.0 GHz 2.3 GHz 2.6 GHz 2.7 GHz
Boost Clock 3.6 GHz 3.8 GHz 4.2 GHz 4.5 GHz
L3 Cache 4 MB 6 MB 6 MB 8 MB
GPU (EUs) Iris Plus 650 48 EUs Iris Plus 650 48 EUs Iris Plus 650 48 EUs Iris Plus 650 48 EUs
eDRAM Cache 128 MB 128 MB 128 MB 128 MB
TDP 28W 28W 28W 28W

その他の特徴としては

  • 最大4コア、8スレッド
  • 強化されたオーディオとI / Oを備えた新しいモバイルIntel 300シリーズチップセット
  • ギガビット・スループットを備えた新しい統合型IntelワイヤレスAC
  • 新しい高速USB 3.1 Gen2(10 Gb / s)
  • 最初のインテルのOptaneメモリラップトップソリューション

といったところ。

ただし、「Coffee Lake-H」がサポートする「Thermal Velocity Boost Technology(TVB)」や「PCI ExpressおよびThunderbolt 3のアクセス遅延低減」はサポートしません。

デスクトップPC向け新Sシリーズ

Sシリーズの新モデルはデスクトップPC向け下位モデルのみで、発売済みの「Core i7 8700K」を超えるような製品はありません。

でも、高性能の低消費電力PCを作りたいと考えている人は注目かも知れませんね。

ラインナップは「Core i」製品と「Celeron 」、「Pentium 」合わせて14モデル。

秋葉原ではT付モデルの「Pentium 」がバルク品として発売されていて、たくさんありすぎてわかりませんwww。

「Pentium Gold G5400」なんかはコスパが良くてバカ売れの予想。

Coffee Lake-S新モデルのスペック

CPU Name Intel Core i3-8100T Intel Core i3-8300T Intel Core i5-8400T Intel Core i5-8500T Intel Core i5-8600T Intel Core i7-8700T
CPU Family Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S
Platform Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151
CPU Cores 4 4 6 6 6 6
CPU Threads 4 4 6 6 6 12
Base Clock 3.1 GHz 3,2 GHz 1.7 GHz 2.1 GHz 2.3 GHz 2.4 GHz
Boost Clock N/A N/A 3.3 GHz 3.5 GHz 3.7 GHz 4.0 GHz
L3 Cache 6 MB 8 MB 9 MB 9 MB 9 MB 12 MB
TDP 35W 35W 35W 35W 35W 35W
Price $117 US $138 US $182 US $192 US $213 US $303 US
CPU Name Intel Celeron G4900 Intel Celeron G4920 Intel Pentium Gold G5400 Intel Pentium Gold G5500 Intel Pentium Gold G5600 Intel Core i3-8300 Intel Core i5-8500 Intel Core i5-8600
CPU Family Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S Coffee Lake-S
Platform Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151 Desktop LGA 1151
CPU Cores 2 2 2 2 2 4 6 6
CPU Threads 2 2 4 4 4 4 6 6
Base Clock 3,1 GHz 3.2 GHz 3.7 GHz 3.8 GHz 3.9 GHz 3.7 GHz 3.0 GHz 3.1 GHz
Boost Clock N/A N/A N/A N/A N/A N/A 4.1 GHz 4.3 GHz
L3 Cache 2 MB 2 MB 4 MB 4 MB 4 MB 8 MB 9 MB 9 MB
Graphics Intel UHD 610 Intel UHD 610 Intel UHD 610 Intel UHD 610 Intel UHD 630 Intel UHD 630 Intel UHD 630 Intel UHD 630
TDP 51W 51W 51W 51W 51W 62W 65W 65W
Price $42 US $52 US $64 US $75 US $86 US $138 US $192 US $213 US

インテル300シリーズチップセット

新チップセットは「Intel H370」「Intel H310」「Intel Q370」「Intel B360」の4モデル。

今まで「Z370」チップセットのマザーボードしかなかったので、CPUを安く抑えてもあまりコスパがいいとは言えませんでしたねぇwww。

でもこれで大丈夫。

自作するにしてもBTOパソコンを買うにしても、少しは安くあがります。

New Intel 300シリーズチップセット

Chipset Name Intel H310 Intel B360 Intel Q370 Intel H370
SKU Target Market Consumer Consumer / Corporate Corporate Consumer / Corporate
High Speed I/O Lanes 14 24 30 30
Total USB Ports (Max USB 3.1) 10 (4) 12 (6) 14 (10) 14 (8)
Total USB Ports (Gen 2 / Gen 1) 0 / 4 4 / 6 6 / 10 4 / 8
Max SATA 3.0 Ports (6 Gbps) 4 6 6 6
Max PCIe 3.0 lanes 6 (Gen 2.0 Only) 12 24 20
Max Intel RST PCIe Storage Ports (M.2) 0 1 3 2
Intel Optane Support N/A Yes Yes Yes
Integrated Intel WIreless AC Support Yes Yes Yes Yes
Intel Smart Sound Technology N/A Yes Yes Yes
Intel vPro Technology Support N/A N/A Yes N/A

「Intel Q370」は「vPro Technology」をサポートした企業向け製品。

「Intel H370」はミドルクラス向け、「Intel B360」がエントリークラス向け。

「Intel H310」は今どき「USB 3.1 Gen 2」や「PCI Express 3.0」に対応しない、「M.2スロット」がPCIe Gen2接続だったりという、スペック的にエントリーのエントリーという感じなので、小型PC向けとか激安自作向けのチップセットかもしれません。

その他は100シリーズ、200シリーズと変わらない感じですね。

ちなみに「Intel B350」じゃなくて「Intel B360」なのは「AMD」が先に「B350」という型番を使っちゃったからwww。

参照:https://wccftech.com/intel-8th-gen-coffee-lake-s-desktop-cpu-lineup-h370-b360-h110-launch/

まとめ

初めの「Coffee Lake」が発売されてけっこうたちますが、これでやっと上から下までラインナップされた感じですね。

ノートPCも6コア12スレッドCPUを搭載した強力な製品が出てくるんではないでしょうか。

コスパを求める自作派の人達もうれしい感じですよねwww。

 

 







-インターネット・コンピュータ
-,

AD




このページの検索

ブログランキング 応援お願いします





ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ