毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

インターネット・コンピュータ ニュース

インテルのCPUが怒涛の勢いだなーってAMDに負けらんないねってハナシ

投稿日:2017年9月26日 更新日:

スポンサーリンク




9月24日、デスクトップ向けの第8世代CPU(Coffee Lake-S)が発表されました。

10月5日より購入可能です。

デスクトップ向けの第8世代Core processorのラインナップはCore i7(6-core12-thread)、Core i5(6-core6-thread)、Core i3(4-core4-thread)。

 米Intelは24日(現地時間)、デスクトップ向けの第8世代Coreプロセッサを発表した。非Extreme Editionで初の6コアを実現し、ゲーム性能やマルチタスク性能を引き上げる。なお、イベント以外の場で日曜日の夜(現地時間は24日20時)にIntelがCPUを発表するのはめずらしい。モバイル向けにはKaby Lake Refreshのコードネームで知られる第8世代Coreプロセッサが発表済みだが、今回の新製品であるデスクトップ向けのコードネームはCoffee Lake-Sとなっている。第7世代およびKaby Lake Refreshのプロセスルールは14nmを改良した14+nmだが、Coffee Lake-Sは改良をさらに推し進めた14++nmとなる。Impress PC Watch

Intelは9月25日、Core i9 7940X, i9 7960X, i9 7980XEを解禁しました。

コア数は順に14-core, 16-core, 18-coreとなる。搭載システムは本日より出荷が開始される。

2017年5月に発表されたSkylake-Xの上位モデル「Core i9-7980XE」がついに発売された。

同CPUはIntelのハイエンドプラットフォームで新ソケットとなるLGA2066向けのSKU。コンシューマ用のCPUとしては、18コア/36スレッドという驚異のコア数を誇る。“Core -X”シリーズとして投入され、これまでになかった“Core i9”というCore i7よりも上をいく性能を実現しているのが特徴だ。Impress PC Watch



インテルすごいですね。

パソコン新しく自作したくなります。

やっぱりAMDの影響ですかね。

ryzenが発表されてからの焦り方がすごく伝わってきます。

自分はほんの半年前までcore i3 4130の中古をマジで買おうと思ってたんです。

いろいろ悩んでるうちにryzenがでたりKabyLakeがでたりで、結局ペンティアムのg4560というのにしたんですけど(マザボも新しくした)、もうだいぶ置いていかれた感じですね。

 

まあゲームもやらないし関係ないんですが、新しいものには惹かれるたちなので、お店で見かけたらガン見してしまいそう。

それにしても今までのcore i7のポジションはどうなるんでしょう?

4-core8-threadってそこそこ需要があると思うんですが。

あんまりラインナップが細分化されても迷うだけなのですが、core i4とか作ってほしい気もします。

Core i3の8350Kが$168、Core i5の8400が$182ということなのでその間に割り込む製品は難しそうですが・・・

ありがとうございました。

 







-インターネット・コンピュータ, ニュース
-