毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

自作PC

【Raven Ridge】AMD「Ryzen 5 2400G」「Ryzen 3 2200G」が正式発表。レビュー解禁!

投稿日:2018年2月13日 更新日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

いよいよ「Raven Ridge」が発表されましたね。

発売は明日2/13からです。

というわけで評価キットの届いていた4Gamer.netにレビュー記事がでています。

スポンサーリンク




4Gamer.netのレビューのポイント

  • デスクトップPC向け「Raven Ridge」は今のところ2種類。
  • 正式名称は「Ryzen Desktop Processor with Radeon Vega Graphics
  • CPUのRyzenとGPUのRadeon Vegaを合体させたAPU
  • 「Ryzen 5 2400G(4コア8スレッド)」1万9800円(税込2万1384円)
  • 「Ryzen 3 2200G(4コア4スレッド)」1万2800円(税込1万3824円)
  • CCX(CPU Complex)の数は1基で物理CPUコア数は4基、L3キャッシュ容量は4MBが最大搭載量

  • CPUコアの温度や消費電力がトリガーの「Precision Boost 2(自動クロックアップ機能)」

  • 組み合わされるGPUコアはRadeon Vega世代だが、HBM2(High Bandwidth Memory 2)非採用で、CPUのメインメモリを共有
  • DDR4-2933に正式対応
  • CCXとGPUコアの間はInfinity Fabricで結ばれているので、メモリクロックを引き上げれば性能が伸びる可能性が高い

  • GPUの性能は「Xbox One S」並以上
  • 「X370」チップセット搭載マザーボードだとディスプレイ出力を持たないものが多いので,「B350」や「A320」チップセット搭載モデルを組み合わせることになる
  • マザーボードのアップデートが必要な場合がある
  • Wraith Stealthクーラーが付属
  • おおむねフルHDでゲームをプレイできる3D性能
  • 「Fire Strike」の総合スコアは、インテル「Core i5-8400」に2.3~3.1倍の差をつける

「Ryzen 5 2400G」766(メモリ2933)810(メモリ3200)

「Ryzen 3 2200G」629(メモリ2933)660(メモリ3200)

「Core i5-8400」268(メモリ2666)

「Core i5-8400」+NVIDIA 「GT 1030」505(メモリ2666)

  • 65WというTDPに対してまず妥当なCPU消費電力が測定されている
  • スペックどおりの性能
  • Zenマイクロアーキテクチャに基づくプロセッサは、メモリ性能に応じてプロセッサ性能の向上が図れるが、メモリが高価なのをどうみるか



4Gamer.netのレビュー

2018年2月12日23:00,AMDは,開発コードネーム「Raven Ridge」(レイヴンリッジ)と呼ばれてきた新世代APUのデスクトップPC向けモデルとなる「Ryzen 5 2400G」「Ryzen 3 2200G」を正式に発表した。

国内価格は順に1万9800円(税込2万1384円),1万2800円(税込1万3824円)となっている。

参照:4Gamer.net

ビデオカードを足さずに3Dゲームができるのは、なかなか期待できそうですね。







-自作PC
-, , ,