毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

インターネット・コンピュータ

【GDC 2018】アタリの新作ゲーム機「Atari VCS」はAMD製APU搭載のLinuxマシンだった

投稿日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

サンフランシスコで開催されている「Game Developers Conference 2018(GDC 2018)」で、前々から噂されていた「Atari」の新作ゲーム機が発表されました。

スポンサーリンク




「Atari VCS」

流出していた写真をみて「なんか一昔前のエアコンみたいだな~特に木目調なところ」とか思っていたんですが、どうやらこれが最終形態のようですね。

いわゆるテレビゲームとしてAtariが「Atari 2600」をリリースしたのが1973年。

まだファミコンとかないどころか、ゲームウォッチもない頃です。

その後エポック社の「カセットビジョン」なんかが出てきてゲーセンじゃなく家でテレビゲームをやるようになりました。

「Atari2600」は当初,「Atari Video Computer System」と名乗っていました。

頭文字を取ると「Atari Video Computer System」。

「おお!Atari VCSやんけ!」

ってなりがちですが、そこはそれ、もう50年近くたっているんです。

テクノロジーの進化が止まらない。

「Atari2600」がテレビにつなげて「ピンポン」みたいな簡単なゲームしかできなかったのに対し、「Atari VCS」はいわゆる「セットトップボックス」みたいですね。

ゲームができるだけでなく、音楽やビデオも楽しめます。

「Atari VCS」のスペック

  • APU:AMD A-Series 「A10」クラス
  • OS:Linuxベースとなる独自のもの
  • インターフェース:HDMI Type A×1、USB Type-A×4、有線LAN、microSDカードリーダー
  • 付属品:「Classic Joystick」

メインメモリやストレージは未定とのこと。

付属するのは上の写真右側のジョイスティックのみで、XBOXコントローラ風のやつはつかないみたいですね。

現代のユーザーにジョイスティックが使いこなせるか見ものですがwww。

現在価格は未定のようですが249ドルから299ドルを予定しているようです。

APUに「Ryzen2000Gシリーズ」を持ってこなかったのはコストを考えてのことか、時期的なものなのか。

どっちにしろAPUが「A10」クラスでは最新の3Dゲームに対応するのは難しい感じがします。

別にGPUを積んでれば話が変わってきますが、コスト的にナイ感じがします。

それでもプレステやニンテンドースイッチ、XBOXと渡り合うからには何らかの手を打ってくることでしょう。

また、サードパーティー製のゲームに関してもほぼわからない状態で、現状ではほぼないのではないかとのうわさ。

標準でAtariのクラッシックタイトルが何本かバンドルされるようですが。

一周回ったとしても現代のユーザーに50年近く前のゲームタイトルがウケるかというと、そんなはずはないのでけっこう厳しいですね。

というわけで「Atari VCS」に過度な期待をするのは無理なようですね。

ゲームもできる「セットトップボックス」という認識で良いんじゃないでしょうか。

まあ、日本に投入されるか未定なんですけど。

参照:4Gamer.net







-インターネット・コンピュータ
-, ,

AD




このページの検索

ブログランキング 応援お願いします

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

ASP

おすすめASP

リンク

















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で






http://2chnavi.net/

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ