【Kaby Lake-G】「Hades Canyon」Intel Core i7-8809G搭載NUCのテストレポートが出ています。

インターネット・コンピュータ

どうもこんにちわ!unianikiiです。

昨年発表されたRADEON入ってるCPU「Kaby Lake-G」。

その「Kaby Lake-G」採用のNUCのテストレポートが上がっています。

スポンサーリンク

Intel 「Hades Canyon」

RX Vegaグラフィックスを搭載した最新の第8世代コアプロセッサを搭載したIntelのHades Canyon NUCは、Playwaresによってレビューされました。Hades Canyon NUCは最速のCore i7-8809Gプロセッサを搭載し、1.2LのSFFデザインを採用しており、価格は約999米ドルです。

参照:Playwares

過去記事

【Kaby Lake-G】CES2018でRadeon内蔵「Kaby Lake-G」登場! 新型「NUC」も出た
どうもこんにちわ!unianikiiです。 噂の「RADEON入ってるCPU」が正式発表されましたね。 Intel Core processor with Radeon RX Vega M Graphics インテルは1月...

今回テストされたのは「Hades Canyon」と呼ばれていたNUCで、筐体容量1.2L。

筐体自体は今まであったものとそう変わらないようです。

ただ、「Kaby Lake-G」の性能が素晴らしくて、GeForce GTX 1060 Max-QデザインのゲーミングノートPCを超える性能とのこと。

以下Playwares掲載のベンチマーク

GeekBench

PCMark8

CINEBENCH

Rise of the Tomb Raider

Total War

For Honor

Assassin’s Creed ORIGINS

Overwatch

PUBG

TEKKEN7

Fire Strike

Time Spy

VR Mark

まとめ

もうね、ちょっとしたゲームはこれでいいんじゃないかと。

ちっちゃいしね。

モニタの後ろにポンとおいたり。

VRやる時もバカでかいランドセルかつがなくてもよくなるし。

ベアボーンということですが、足すのはメモリくらいしかないので合わせて10万ちょっとと考えるとお買い得かもしれません。

参照:wccftech

タイトルとURLをコピーしました