毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

スマホ

【ASUS】Androidスマートフォン「ZenFone Max Plus (M1)」を2月17日発売。

投稿日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

ZenFone 5の噂が出たばかりですが、今度はMAXの情報です。

これはZenFone 4の系統ですね。

スポンサーリンク




「ZenFone Max Plus (M1)」

 

 

ZenFone Max Plus (M1) ZB570TLの主なスペック

  • OS:Android 7.0(Nougat)
  • ディスプレイパネル:5.7インチIPS液晶,解像度1080×2160ドット,アスペクト比9:18
  • プロセッサ:MediaTek製「MT6750T」(CPUコア Cortex-A53×8,最大動作クロック1.5GHz,GPUコア Mali-T860 MP2)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵32GB+microSDXC(最大容量未公開)
  • アウトカメラ:有効画素数約1600万画素+約800万画素
  • フロントカメラ:有効画素数約800万画素
  • SIM:nanoSIM×2(デュアルSIMデュアルスタンバイ対応)
  • 対応LTEバンド:FDD LTE Band 1/3/5/7/8/18/19/26/28,TD-LTE 38/41
  • 対応3Gバンド:W-CDMA Band 1/5/6/8/19
  • バッテリー容量:4130mAh
  • 最大待受時間:約410時間(LTE時),約683時間(3G時)
  • 最大連続通話時間:約2700分(LTE時),約1800分(3G時)
  • 無線LAN対応:IEEE802.11n(5GHz帯非対応)
  • Bluetooth:4.0
  • USBポート:2.0 Type-C
  • 本体公称サイズ:73mm×152.6mm×8.8mm
  • 本体公称重量:160g
  • 本体カラー:アズールシルバー,サンライトゴールド,ディープシーブラック

スペックは以上の通りです。

もともとロシアで昨年末に発表されていたみたいです。

ZenFone 4 Maxをベースにディスプレイを流行りの18:9の縦長に変更した感じですね。

本体サイズは5.2インチの「ZenFone 4 Max (ZC520KL)」に近いのですが、ディスプレイが縦長なので、5.2インチクラスのボディで5.7インチを実現しています。

SoCはエントリーモデル用ですが、メモリが4GBあるしストレージは32GB。

背面カメラは「ZenFone 4」 や「ZenFone 4 Max」と同じ「広角+超広角」のデュアルレンズカメラで、広角側では120°のワイドアングル撮影が可能。

 

MAXのウリであるバッテリー容量は4130mAh。

nanoSIM×2のデュアルSIMとmicroSDを同時に使用できるトリプルスロットを搭載。

デュアルSIMによる利便性とmicroSDのストレージ増設、どちらも妥協せず活用できます。

ZenFone Max Plus M1では「ZenFone 」シリーズで初めて顔認証が利用できるようになりました。

ASUS Shopではすでに取り扱っています。

アスース Shopではすでに取り扱いが始まっています。

購入特典として先着300名には純正アクセサリーがプレゼントされます。

【特典:先着で合計300名様限定】発売記念セット販売中!
セット内容:Car Charger with USB-C/専用 Clear Soft Bumper/ミニ三脚 ZenTripod

購入はコチラからどうぞ。

ZenFone Max Plus M1 ZB570TL ディープシーブラック

ZenFone Max Plus M1 ZB570TL アズールシルバー

ZenFone Max Plus M1 ZB570TL サンライトゴールド

ちなみにアマゾンでも売ってますよ~!

特典はないけど微妙に安い。

格安SIMではBIGLOBEモバイルが取り扱っています。

ビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:有泉 健、以下BIGLOBE)は、モバイルサービス「BIGLOBEモバイル」において、ASUS製スマートフォン「ZenFone Max Plus (M1)」の提供を2月19日より開始します。

参照: BIGLOBEモバイルなら1年目 月額換算 700円(税別)~

「ZenFone Max Plus (M1)」は、NTTドコモのXi、FOMA回線を利用した「タイプD」に対応しています。

BIGLOBEモバイルのSIMと端末が定額の月額料金で利用できるサービス“アシストパック(注1)”を申し込むことで、本端末が月額1,240円(税別)で入手できます(注2)。

また、対象期間中にBIGLOBEモバイルのSIMと本端末をセットでお申し込みの場合、13カ月の継続利用で最大10,800円キャッシュバック(注3)を利用できます。
対象期間:2018年2月5日~2018年4月1日

BIGLOBEモバイルは、「Bでいこう。」のメッセージのもと、常識にとらわれない新しい選択肢を提案することで、お客さまのニーズに寄り添ったサービスを提供していきます。

(注1)
「アシストパック」とは、BIGLOBEモバイルのSIMの24カ月間の月額費用に、アシストパック月額加算料を加えることで、対象端末をお手軽に入手できるパックサービスです。

アシストパックの満了月より前に解約した場合、「アシストパック加算分契約解除料」の支払いが必要となります。

端末単体での販売は行っておりません。

(注2)
BIGLOBEモバイルのSIMの月額料金を含めた合計金額は、データ通信専用で高速データ通信容量3GBまで利用できる3ギガプラン900円/月(「ベーシック」コース込み)の場合、「ZenFone Max Plus (M1)」向けアシストパックH月額加算料と合計で2,140円/月となります。

この場合、25カ月目以降は900円/月となります。

SMSも利用したい場合は別途SMSオプション月額利用料120円/月と利用に応じてSMS送信料の支払いが必要となります。

別途、SIMカード1枚につき毎月ユニバーサルサービス料がかかります(020番号のデータSIMを除く)。

また初期費用として、プラン申込手数料3,000円とSIMカード準備料394円がかかります。

(注3)
音声通話SIMを申し込みの場合。データSIMでは4,800円のキャッシュバックとなります。

格安SIMに乗り換えるなら今がお得ですよ~。

 







-スマホ
-,

このページの検索

ビットフライヤー

目元パッチリまつ毛で変わる!

水虫のおなやみ

おなやみ@仮想通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の波に乗り遅れるな!!




スポンサードリンク

海外版のリステリンは効き目が違う!!

海外版のリステリンは効き目が違う!!


AMD Ryzen 3 2200G搭載BTOパソコン