毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

スマホ

追記アリ、世界4位のスマホメーカー「OPPO」がフラグシップ「R11s」をひっさげて日本市場に参入 

投稿日:2018年1月23日 更新日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

中国のスマホメーカー「OPPO」が日本参入ですって。

中国メーカーの勢いが止まらねーwww

2018/1/25追記

スポンサーリンク




「OPPO」って?

2018年1月22日、中国の新興スマホメーカー「OPPO」が日本市場に参入することを発表しました。

第1弾製品として、SIMロックフリー対応のAndroidスマホ「R11s」を投入します。

正式な発売日や価格については,2018年1月31日に行う予定の新製品発表会で発表するとのことです。

私は割と新しもの好きなので「OPPO」っていうメーカーの名前は知っていました。

「OPPO」は中国でのスマホシェア第1位、世界でも第4位というなかなかのメーカーです。

車でいうと「TOYOTA」みたいな感じですかね。

ちなみにスマホシェアの世界順位はサムスン電子、アップル、ファーウェイの順番です。

同じ中国メーカーでもファーウェイは中国市場よりも世界市場を重く見たって感じでしょうか。

今回の「OPPO」の日本参入は2017年から着々と準備されていて、ツイッターなアカウントも既にあります。



その「OPPO」が日本向けに投入するスマホの第一弾がフラッグシップの 「R11s」です。

「R11s」はカメラ機能に特徴を持つスマートフォンです。

OPPOではカメラ機能を強化したスマートフォンを「カメラフォン」と呼んでいます。

カメラ機能がすごいということで「R11s」は背面にデュアルカメラ、インカメラに「ビューティーモード」を搭載しています。

背面にあるメインカメラには、約2000万画素と約1600万画素。

前面のインカメラは2000万画素。

ビューティーモード」は254か所のポイントで人の顔を捉えてAIが分析し,適切な美顔処理を施すというもの。

顔認証機能もついていますよ!

その他のスペックは

SoC:Snapdragon 660

メインメモリ:4GB

ストレージ:64GB

ディスプレイ:6.01インチ有機EL、解像度1080×2160

OS:ColorOS 3.2(Android 7.1.1)

という感じです。

SoCがSnapdragon 835じゃないのはコストの問題かなー。

ちなみに現地中国では昨年11月に発売されていて、価格はレッドが3199元(約5万4700円)、ブラックとゴールドがそれぞれ2999元(約5万1300円)。

ASUSの「ZenFone 4 」とか Huaweiの「HUAWEI P10」がライバルでしょうか。

国産ではコスパが悪くて勝負にならないかも・・・

私は「HUAWEI P10」推しですけどね。

R11sの次に投入されるスマホはコレ

OPPOのスマホラインナップは大きくR、F、Aの3シリーズがありまして、

  • Rシリーズ:フラッグシップ お高め
  • Fシリーズ:ミッドレンジ コスパ良し 新興国向け
  • Aシリーズ:エントリー お安め

という感じです。

FシリーズはRシリーズの仕様変更モデルと言えるもので、デュアルカメラをシングルカメラにしたり、チップセットをSnapdragon 600系からメディアテックに変更するなどして価格を引き下げています。

でOPPOの市場戦略としてはRシリーズとFシリーズは同じ国では売らない感じ。

一緒に販売するとFシリーズのコスパが目立ちまくりだから!

なのでRシリーズのフラッグシップ「R11s」が投入される日本ではFシリーズが投入されることはないです!キリッ。

Aシリーズはエントリーモデルからミッドハイまでカバーするシリーズですが、お安くていいですね。

仕様的には

  • A83:5.7インチ720×1440、MT6763T、リア1300万/フロント800万
  • A79:6.01インチ1080×2160、MT6763T、リア1600万/フロント1600万
  • A77:5.5インチ1080×1920、Snapdragon625、リア1300万/フロント1600万
  • A73:6インチ1080×2160、MT6763T、リア1300万/フロント1600万
  • A71:5.2インチ720×1280、MT6750、リア1300万/フロント500万
  • A57:5.2インチ720×1280、Snapdragon435、リア1300万/フロント1600万

こんな感んじです。

「A79」と「A73」はちょっと仕様が「R11s」と似ていて差別化がしにくいので却下。

「A77」はディスプレイが16:9と、流行りの18:9じゃないのがガンだすね。

なので、ディスプレイが18:9でスペックも一回り下の「A83」が投入されると思います。

OPPO A83

SoCが非力そうですが、他はなかなかのスペック。

これで2万円台ということなので上出来ではないでしょうか。

 

 

 







-スマホ
-, ,

AD




このページの検索

ブログランキング 応援お願いします

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

ASP

おすすめASP

リンク

















bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で






http://2chnavi.net/

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ