毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

エンターテインメント

陸王第8話 「もう少しで落とせるな」by修造

投稿日:2017年12月11日 更新日:

今回の陸王は「リトグリ」仕事しなかったような気がして二度見。

どうもこんにちわ!unianikiiです。

やっぱり「ジュピター」流れなかった。

スポンサーリンク




こはぜ屋お金ないの

「ジュピター」が流れないので泣くタイミングを完全に外したわけですが、これは制作側の意図なのか著作権とかの問題なのか。

「似たような歌い方して物まねか!」とかいって平原綾香が殴り込んできたのか。

いつも流れる挿入歌がないのですごく違和感を感じたね。

「風間俊介」の登場の時か、「役所広司」がケガした人をおんぶする時かに「リトグリ」流せばちょっとウルっと来たかも。

物語はというと、

機械がぶっ壊れてシルクレイが作れなくなったうえに治す費用がイチオクエン!銀行はお金貸してくれないし「風間俊介」は「会社売ったら?」なんて言ってくるし「役所広司」はムキーッ!でも気分転換に市民駅伝に出場したら「風間俊介」の走りめっちゃうける!気分変わって「陸王作れるんなら買収されともいいかしら・・・」て気分になってフェリックスに行って「松岡修造」とがっちり握手しちゃった・・・修造ニヤリ

主力商品の「シルクレイ」が作れないし、機械も治せない。

このまま足袋屋に戻るかの瀬戸際だけど、すんなり戻るにはあまりにも多くの人とかかわってしまった!

寺尾聡(シルクレイ作った人)、竹内涼真(走る人)、市川右團次(シューフィッターの人)。

というわけで松岡修造。




スポンサードリンク

 

松岡修造ドラマは2本目?俳優経験あんまりない

ネットニュースでは「熱くない演技」が話題だけど、私はわりかしすんなり受け入れられたよ!

俳優としての経験はほとんどないんだけど、「堂に入る」というか「貫禄がある」というか。

決してうまい演技ではないんだけど、「キム兄」の畑違い全開の演技に比べて全然マシと思った。(「キム兄」俳優厳しいな。)

というわけで「松岡修造」を調べてみたよ。

スポーツ解説とかで有名な「松岡修造」だけど、元プロテニス選手。

1967年11月6日生まれ(50歳)
身長 188cm
体重 85kg

ウィンブルドン選手権での通算7勝は「錦織圭」に抜かれるまで日本人最多の記録。

その「錦織圭」を小学生時代に自分の主催する「テニス合宿」に呼んでいろいろアドバイス。

プロ引退後の肩書

  • スポーツキャスター
  • タレント
  • 日本オリンピック委員会スポーツ環境専門委員
  • ミズノスポーツ振興財団顧問
  • ジュニア選手の指導やテニス大会の運営
  • 日本テニス協会の理事

テレビで見ててもすんごく熱く、思いやりのある性格っぽいけどどうなんだろ。

身長190㎝近くてバカでかいもんだから、スポーツ解説で選手にインタビューする時、背の低い選手と目線を合わせるために大股開きになるんだって。

「自身のキャラについて、天然ではなく計算した上でやっている」

「山本鈴美香の漫画『エースをねらえ!』に憧れてテニスを始めた」

テニス好きなのね。ちなみにお父さんも元テニス選手。

というか家系がすごい!

詳しくはWikipedia見てもらうとして、親戚に実業家とか政治家とかめっちゃおる!

ざっと経歴を

東宝社長の松岡功と、宝塚出身の千波静との間に三人姉弟の次男として生まれ、慶應義塾幼稚舎時代にテニスと出会う。中学時代に全国大会で優勝。高校時代はマージャンにはまる。ハッと気づいてテニスの名門柳川高校へ転校。「ウィンブルドンへの道」という国内ジュニア大会で優勝しヨーロッパ遠征の権利を獲得するが、インターハイ予選と重なったのでこっちを優先。翌年また優勝したので今度はヨーロッパ遠征し、そこそこ活躍。帰国してボケーっとしてたら、遠征時に松岡を見かけた世界的名コーチが声をかけてくれて渡米。言葉とか苦労しながらハイスクールとテニスの練習漬けの日々。ハイスクールを卒業して出た誰でも出られるプロの大会でなかなかの成績を残しプロになると決めたが、実家からの金銭的援助はなしでよくある貧乏世界転戦。で、がんばってがんばってウィンブルドンベスト8とかオリンピック出場とか。1998年まだまだ若い30歳で引退。




スポンサードリンク

 

「名家出身っぽい嫌みがないのはなんでやろ?」

と思ってたんだけど、結構苦労してるからだね。

ものごころついた時にはテニスづけで「金持要素」あんまりないもんな。

テニスと出会ったから運命変わっちゃったんだね。

だからかな、今テレビで人気者なの。

まあそれはいいとして「松岡修造」はドラマは2本目らしいね。

解説者とかレポーターとは別の「俳優」という路線、陸王見る限りでは「悪くない、むしろいい感じ」だと思うよ!

まとめ

陸王、残すところあと2話で、次回予告の感じだとけっこう波乱の予感。

「松岡修造」の「もう少しで落とせるな。ニヤッ」が不気味。

ネットやSNSでは「松岡修造」熱くないのドユコト?

なんていわれてるけど、もともと「松岡修造」は「アツいキャラは計算」とか言ってるし「熱くない性格」はホントなのかもしれない。

というかドラマなので演技なんだけど!

ともあれ「松岡修造」はいいもの?わるもの?

「こはぜ屋」は「こはぜ屋Byフェリックス」になるの?

それよりなにより「山﨑賢人」は就職できるのか?

楽しみです。

ありがとうございました。

 







-エンターテインメント
-, ,