毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

【猫の話題】「nyatching(ニャッチング)」飼い猫をシッターしあえるサービス

どうもこんにちわ!unianikiiです。

私は猫飼ってるんですが、困っちゃうのが旅行で何日か留守にする時。

嫁に行った妹に預けたりするんですが、それもできないときはかかりつけの動物病院に預けたりしています。

年に何回も旅行するわけではないですが、精神的にも金銭的にも負担になります。




「nyatching(ニャッチング)」

そんな旅行の時困るあるあるを解決してくれそうなサービスが2月22日にローンチされました。

ちょっと前の情報で、記事を書きたい書きたいと思っていたのですが、そのうちに運営会社の「nyans(ニャンズ)」が総額3000万円の第三者割当増資を実施したとのニュースが入ってきました。

「nyatching(ニャッチング)」は猫の飼い主同士をつなげるマッチングサービス。

猫の飼い主は事前にプロフィールを登録し、近隣地域に住む飼い主仲間を検索して、良さげな相手がいたら友達申請をします。

お見合いみたいなものですね。

双方が友達になればメッセージをやり取りしたり、実際に会ってみてお付き合い(シッターしあうか)決めます。

現在「nyatching(ニャッチング)」は事前登録の段階で運営はまだ始まっていないようですが、けっこう需要のあるサービスかも知れませんね。

今のところ運営会社のある福岡県と、東京23区のみ(3月22日より)のサービスですが全国展開されると良いですね。

最近は猫なんてほとんど室内飼いで、へたをするとお隣さんでも猫を飼っていることを知らなかったということもあります。

こういうサービスでご近所猫仲間が増えるかもしれないですね。

猫のうーさんにおやつ「CIAOちゅ~る まぐろ」をあげたらうまいニャーと鳴いた。

運営会社の「nyans(ニャンズ)」はこのサービスでの仲介手数料は取らない方針とのこと。

というのも、事前登録する時にユーザーから提供された詳細な猫のプロフィールをデータ化して、ペットフード会社に提供することで収入を得ることを考えているみたい。

ペットフード業界はけっこう飽和気味で新しい商品を作っても、消費者に届ける手段がサンプリングくらいしかないとのこと。

ペットショップやスーパーにサンプルを置かせてもらうやつですね。

ネットショップでも3日分ただみたいなキャンペーンをやってることがあります。

「nyans(ニャンズ)」には現在ユーザーが与えているペットフードは何か、どんな病院に通っているのか、飼い猫の種類と年齢などの情報が集まります。

そのデータをペットフードメーカーが利用することで、よりピンポイントの営業ができるというわけだそうです。

いやあ、まだまだニッチな商売がありますね。

また「nyans(ニャンズ)」は保険会社と共同で、ペットの世話を頼むときの「万が一の事故」に備える短期保険の販売も検討しているとのこと。

不慮の事故やまさかの動物虐待とかもあるかもしれないですからねwww。

というわけで猫好きとしては気になるサービスが始まる感じなんですが、じゃあ犬はどうなんだと。

ウサギは?ミニブタは?爬虫類は?昆虫は?魚は?

「nyans(ニャンズ)」の社長の谷口紗喜子さんは無類の猫好きなようで、ペットとは言いつつも実際は猫に特化したサービスを模索している模様。

猫向けだけのサービスなのか、猫向けから始めるサービスなのか。

犬や猫ほどではないと思いますが、マイナーなペットを飼っている人たちも同じように旅行や留守の時の悩みを抱えていると思います。

なんとなくビジネスチャンスが生まれそうな臭いがしますね。


 

 

 







CATEGORIES & TAGS

, , , ,

AD




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ブログランキング 応援お願いします

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

目元パッチリまつ毛で変わる!

水虫のおなやみ

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ