毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

車・バイク

【バイクの話題】279キロ暴走ユーチューバーに警察あきれ顔「コメント欲しさに命を懸けるなんてばかげてる」

投稿日:2018年3月24日 更新日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

このバカっ!

死ぬかもしれへんのやで・・・

とは言いつつも「キリン」にあこがれた世代としてはちょっと複雑。

スポンサーリンク




最高速チャレンジ

千葉県警高速隊は23日、木更津市と川崎市を結ぶ東京湾アクアラインでバイクを時速239キロで運転したとして、同県柏市の会社員の男性(33)を道交法違反(速度超過)の疑いで書類送検した。男性は動画投稿サイト「ユーチューブ」で「最高速チャレンジ」と題した映像を投稿。動画では速度計は279キロを示していた。高速隊は、バイクのスピード違反の摘発では過去最高の速度とみている。

千葉県警によると、容疑は昨年5月24日午前3時50分ごろ、同県木更津市の東京湾アクアライン上り線で法定速度の時速80キロを159キロも上回る時速239キロでバイクを運転した疑い。

男性の乗っていた大型バイクは、英国トライアンフ社製で排気量が約670ccの「デイトナ675SE」。12年に発売された「サルファーイエロー(硫黄の黄色)」と呼ばれる限定色のモデルで、日本では50台、全世界でも450台しか流通していない。

男性は交通量の少ない深夜に木更津側から侵入。ハンドル部分に取り付けたカメラで速度計を撮影し、「最高速チャレンジ」と称して動画を投稿していた。川崎側に近いトンネル内で動画に映った速度計は時速279キロ。男性は「横風がなく安定して走行できるのでアクアラインのトンネルを選んだ」と供述した。

今回の事件は昨年10月に動画を見た一般市民が通報し発覚。県警は映像を解析し、米国のユーチューブ本社に投稿者を問い合わせるなどし、人物を特定。先月、男性の家宅捜索を行った。速度は、映像の背景にある2つの地点の距離と通過時間から計算。背景に変化の少ないトンネル内の「279キロ」は実証できなかったという。

県警の調べに男性は「高評価を得てコメントを増やし、(広告)収入を得たかった」と供述、容疑を認めている。普段はツーリングなどの動画を投稿していたものの、コメント数が少なく、今回の投稿を考案したとみられる。

東京湾アクアラインは全長15・1キロ。法定の80キロなら約11分で通過できるが、もし全線を240キロで走行していたなら、3~4分で通過していたことになる。県警高速隊によると、バイクのスピード違反は免許取り消しにはならず、このケースだと初犯なら90日の免停と10万円程度の罰金という。

今月1日には、40代の男が中央自動車道で時速235キロで走行、過去最高の速度超過として逮捕されたばかり。同高速隊関係者は「動画のコメント欲しさに命を懸けるなんてばかげている」とあきれ顔だった。

参照:livedoorNEWS

その昔「キリン」という漫画がありました。

今も続いているかもしれません。

速い話がスピードに取りつかれたバイク乗りのアホな話なのですが、若かった私は毎回楽しみに読んでいました。

人生のなにもかもを捨てて公道で時速300キロ出すことに命を懸ける内容でしたが、いろいろあって「やっぱ無理。だって人間だもの」みたいな終わり方をしたような(うろ覚え)。

私が特に面白いと思うのが第2章「THE HORIZONTAL GLAYS」編。

マサキとマスターとチョースケが織りなすスピードと人間関係の物語。

<モヒ / マスター / 長尾泰三>
兄にもういいかげんにバイクはやめろよもう十分乗っただろと言われ―――
「乗ればわかる。走ればわかる……口でいったってダメさ」

ランブルのカウンターでナナハンを乗り出したマサキに―――
「ははーっ。どうせいったって経験するまでわかりっこねえんだが、覚悟することだ」

ランブルのカウンターでおっさんがかっこつけてバイク乗るとか言ってんだよというマサキに―――
「若い頃のバイクはハシカみたいな流行病だっていうけどよ、歳いってからのバイク病は重いっていうじゃないの!」

そのうちそのうちっていつになってもバイクに乗らないおっさんに苛立つマサキに対して―――
「すぐ冷めるやつはニセモンよ。どれだけ熱があるかでしょ。情熱は」

マサキがバイト先の新入りの女の子を店に連れてきて昔を思い出し―――
「バイク乗りは自分が一番カッコイイと思い込んでいるのだから始末が悪い。まったくバイク乗りなんざ、誰が一番おバカなのかを競っているようなものだ」

同じく昔を思い出し―――
「じゃあまた明日……といって手を振ったあいつがそのまま死んでしまったり、新型が出るといの一番に乗りつける金持ちのボンとか、いろんな客がこの店にやってきて去ってゆく」

人生の道と目的を探せるのか不安になるという若者に対して―――
「けっ、笑わせるなヨ。不安のない若さなんて信用できねえな」

チョースケの葬式を終えて―――
「うちらにとっちゃ覚悟のことよ。覚えとけ、俺たちのは悲しみなんてうすっぺらなもんじゃないよ。悔しくて!悔しくて!」

マサキに十代の煌きをやめたのか?と訊かれ―――
「へっ、なめんなよ。走るぜまだまだ俺はな。若い時の自分をがっかりさせたくねえからよ」

スノーボートが周りで流行ってるから自分もやろうかなというマサキに対して―――
「一年中バイクに乗れる幸せをかみしめろバチアタリがあ!」

マサキに年寄り扱いされて怒った理由について―――
「16歳だろうと50歳だろうと同じなのさ。誰も助けないし、誰も助けられない。バイクに乗ったその日から同じ道を走る者……逸脱を肯定する族なのさ」

今まで速いベンベに出会ったことがないのに急に出会ったというマサキに対して―――
「良かったじゃないか。その若さで気がついて……」

<チョースケ / 渡辺長介>
サイコにキリンの話をしていて―――
「それみたことか症候群だって!バイクに乗らないやつはみんなそうなんだとよ」

GT-R乗りに今まで速く走ってるバイクなんか見たことねえと言われ―――
「じゃあ俺が初めて出会う一台目のバイクだ」

サエコに楽しく走れりゃそれでいいんじゃねーの?と言われ―――
「楽しくゥ?うるせえっ片っ端からブッチギリだぜ」

<マサキ / 不破雅樹>
ナナハンで中央分離帯に突っ込んでピンピンしていたが―――
「気がつくと震えていた。死の恐怖というよりも死んだかもしれないという恐怖だった。時がたつにつれ、それは重くくり返しくり返しやってきた」

GT-Rの前を走りながら冷静に―――
「そう…悪魔のように細心に。天使のように大胆に」

GT-Rの前を走りながらキリンというバイク乗りについて考える―――
「それにしても四輪と二輪がライオンとキリンほどの差だと若くして思い知らされたことになる。そのバイク乗り……食われようとも立ち向かうキリンでありたいと」

<コージ / 浩司>
ピンクコルベットとバトル中のマサキの回想にて―――
「悲しみは悲しみだ……なあマサキ……だけど悲しみに立ち向かっていける『キリン』になりてぇよなあ!」

サービスエリアで中年にバイクにちょっと跨ってもいいですか?と言われ―――
「ダメ。どうしてもっていうんなら自分で金だして買いなよ。まっ気ィ悪くすんなよ。バイクってそうい
うもんだ」

サービスエリアで中年に240キロも出したら空飛んじゃいますねと言われ―――
「おっさん!本当は飛ぶんだぜコレ!……知ってんだろ?知ってんなら帰ってきなよ。こっち側によ」

<その他>
喫茶店を出たら見知らぬ中年にバイクの値段をヒャクマン?ニヒャクマン?と訊かれ―――
「おじさん心配することないよ……。ふざけてテメーが金持ちだったとしてもだな、絶対バイクなんかにゃ乗れねえから!目ざわりだ消えな!ファック・オフ!」

参照:http://zrx1200.blogspot.jp/2013/06/the-horizontal-glays.html

まあ、とにかく人に迷惑をかけてはいけませんね。

しかもアクアラインなんてトンネルだからもし事故ったら首都圏への流通がマヒする恐れもあるし。

個人のことなので、「あれするな、これするな」と私が言うのも筋違いですが、やるなら人気のない地方の道でやるべきです。

やらないほうがいいんですけど。

また「コメント欲しさに」ってのがいただけないですね。

だって「コメント」→「動画再生数」→「報酬」でしょ?

バイク乗りはもうちょっとこう、ストイックな感じじゃないとかっこよくないと思います。

この人は逮捕されてよかったですね。

命も助かったし、もう免停だからしばらく運転できないだろうし。

世の中には「スピードに取りつかれたアホ」がたくさんいて、実際に公道でとんでもないスピードで走り回っています。

くれぐれも他の人に迷惑をかけない走り方をしてほしいものです。

 

【漫画全巻ドットコム限定】キリン コミック 全39巻 完結セット(全巻収納ダンボール本棚付)

新品価格
¥22,427から
(2018/6/16 12:05時点)







-車・バイク
-, ,

AD








このページの検索

ブログランキング 応援お願いします





ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

目元パッチリまつ毛で変わる!

水虫のおなやみ