毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

車・バイク

フェラーリ2019年までに全車ハイブリッド化 テスラに負けない

2018年1月17日

どうもこんにちわ!unianikiiです。

米デトロイトで開催の北米国際オートショーでフェラーリのセルジオ・マルキオンネCEOが自社の将来像を語りました。

フェラーリ電気自動車になるの?




「2019年までに全車ハイブリッド化そこからEVは簡単」

マルキオンネさんはちょっとテスラ(電気自動車メーカー)をライバル視してて

「人々は、テスラの走行性能に感銘を受けている。イーロン(テスラの偉い人)が作り上げたものを悪く言うつもりはないが、我々にも同じものは作れると思っている」

と強がっています。

そして自身が掲げる2019年までには何らかの格好ですべてのモデルをハイブリッド化するとの方針を示し、

「ハイブリッドからEVへ行くのは簡単」

だと豪語しました。

フェラーリの前CEOモンテゼーモロさんは、フェラーリのEV化がその主要な顧客層へのアピールポイントにはなりにくいと考えてEVに対して消極的でした。

でもこのご時世ですから、ハイブリッド車に関しては

「我々の未来でなければならない」

として限定モデルを作っています。

マルキオンネさんになってからフェラーリのEV化に前向きになってきた感じですね。

EVスポーツカーの良いところ悪いところ

近未来を予想したマンガ「AKIRA」では主人公の少年たちが電動化したバイクに乗っていました。

私はバイクに乗るほうですが、バイクって超不経済で世の中的に考えたら無駄な乗り物です。

  • ガソリン使ってCO2出すし
  • うるさいし
  • 二人しか乗れないし
  • 荷物あんまり積めないし
  • 転ぶとすぐ死ぬし。

でもいいのところもあります。

  • ガソリンとかオイルのいい匂い
  • 耳に心地いいエンジンノイズと排気音
  • 風や道路を感じながら運転する楽しみ
  • 一歩間違えれば死んじゃうスリル

めっちゃ矛盾してますね。



でもこういう矛盾はバイク乗る人にとっては圧倒的なメリットなんです。

なので私は「AKIRA」で金田が乗ってたEVバイクにはあまりときめきません。

EVバイクでも風を感じたりすぐ死んじゃうスリルはそのままでしょうが、ガソリンエンジン独特の振動や排気音、操る感覚までは再現できませんし。

私がバイクっていいなーと思うところってスポーツカーにほぼほぼ当てはまります。

スポーツカーもバイクと同じで普通に考えて世の中には無駄なものですけど、ここ最近のECOな風潮であっても一定のファンはいます。

ある人は純粋にスポーツカーの魅力にハマり、ある人は成功の象徴としてスポーツカーのオーナーになるという違いはありますが。

ちなみにバイクにもバカ高いのがあります。

スポーツカーメーカーの有名どころといえば「フェラーリ」「ポルシェ」「ランボルギーニ」といったあたりですが、ここ数年どのメーカーもハイブリッド車とかEV車に取り組んでいますね。

テスラの活躍が大御所に火をつけたということでしょうか。

まあこの三大スポーツカーメーカーが価格帯的にテスラと競合するとは思えませんが。

私的にはラインナップにハイブリッド車やEV車を加えるのは良いと思うし、そうするしかない世の中の風潮でもあるわけですが、フェラーリの「全車EV化するかも発言」は少し残念だな。

そういうのは日本のメーカーにまかせとけばいいんです。

今回のフェラーリハイブリッド化とEV化宣言は、地球温暖化とか石油資源枯渇問題の観点から見て当然です。

でも将来的に街を走ってる車やレースをする車が全部電気自動車になってしまうのは少しさみしいなと思います。

私なんかがどうこう言ったってしょうがない話ですが。

未来の自動車

私の好きな漫画に東本昌平さんの「キリン」があります。

若いころ熱狂的に読んでいたんですが、今思い返すとめっちゃ中二病丸出しの内容で恥ずかしいのですね。

その同じ作家さんの「CB感。」という作品があります。

未来のガソリンエンジンが規制されたディストピアで、ガソリンエンジンのバイクをめぐって色々トラブルがおこるという内容です。

相変わらず中二病丸出しですが、この作品のメッセージは

「どんなに未来になっても、世の中EV車ばかりになっても、ガソリンエンジン車ファンはいなくならない。だって好きなんだもん」

というものです。

内容はいたってありがちなSFもので特におもろいわけでもないのですが、

「ガソリンエンジンが好きなんだからしょうがないじゃない!」

というメッセージが強烈でバイクとか車が好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

世界的な電気自動車ブームが来るのはもうすぐですが、インフラの整備や大元の電気の供給(発電所とか)の問題など解決することがたくさんありますね。

電気自動車が主流になるとまちのガソリンスタンドは電気スタンドになるんでしょうか。

それはそれで事故とかすくなくなるだろうし、今以上に人件費が削減出来ていいことでしょうが。

問題は電気の供給ですね。

発電するのに石油を使うんじゃ本末転倒だし、とすると原子力に頼ることになるのかな。

再生可能エネルギーとか言いますが、太陽光とか水力で火力発電上回る電気を供給できるのかしら。

太陽光はガンダムの軌道エレベーターみたいなの作らないと、場所ばっかり取るだけで効率的な発電は出来ないんじゃないでしょうか。

水力は言わずもがなですね。

となると色々問題がありますがやっぱり原子力か。

もう堂々巡りですね。

 

フェラーリよ、お前もか・・・

今回のフェラーリのハイブリッド宣言やEV化宣言が世の中にどれだけの影響を与えるのかわかりませんが、私としてはフェラーリの世の中の風潮に負けてしまった感が否めません。

フェラーリをはじめとするスポーツカーメーカーには

「地球環境って何?スポーツカーってパワーと見た目が一番大事でしょ!」

というスタンスでいてほしかったかも・・・

ありがとうございました。

 

 







CATEGORIES & TAGS

車・バイク, , ,

AD




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ブログランキング 応援お願いします

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

目元パッチリまつ毛で変わる!

水虫のおなやみ

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ