毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

未来テクノロジー

【未来テクノロジー】AIアナウンサー「ニュースのヨミ子」爆誕!

2018年3月26日

どうもこんにちわ!unianikiiです。

バーチャル&AIが止まりませんね。

この前の記事ですごくリアルなCG技術を紹介しましたが、今度は「AIアナウンサー」です。

しかもNHKが。

アナウンサーもAIに奪われてしまう職業なんですかね。





「ニュースのヨミ子」さん

ニュースのヨミ子

ニュースのヨミ子

日本放送協会(NHK)は3月26日、4月からニュース番組「ニュースチェック11」(毎週月~金曜日、午後11時10分~)に“AI(人工知能)アナウンサー”を起用すると発表した。名前は「ニュースのヨミ子」で、NHK放送技術研究所が平昌(ピョンチャン)五輪向けに開発した技術「ロボット実況」がベースになっている。キャラクターとスタジオの映像を合成する形で登場させ、今後1年間にわたってネット上で話題のニュースを報じていくという。

参照:ITmedia

ピョンチャンあんまり興味がなくって見てなかったんですけど、シレっと何かやってたんですね、NHK!

もっとしっかり見ておけばよかったwww。

「ニュースのヨミ子」はCGに声優さんが声を当てるとかではなくて、原稿に沿って自分でイントネーションとかを加減しながらしゃべるんでしょうね。

 

当面はニュースチェック11専属のリポーターとして活動し、毎週水曜日には5分ほどの“ヨミ子のコーナー”でニュースを読み上げるという。「新人なので最初はたどたどしいと思うが、『読み』『動作』など1年かけて成長(機械学習)していく」(NHK)。成長した後は、全国のNHKに活躍の場を広げるという。

スマートスピーカーにも進出する。スピーカーに「ヨミ子につなげて」と呼びかけると登場し、ジャンルや項目を選ぶと最新ニュースを読み上げる。4月に「Google Home」、6月に「Amazon Echo」シリーズに対応する予定だ。またスマートフォン向けにヨミ子さんと一緒に写真がとれるARカメラアプリを提供するなど、さまざまなサービスを展開する。

「将来的には自由な会話もできる、本当の意味でのAIアナウンサーになってもらいたいと期待している」(NHK)

参照:ITmedia

AIアナウンサーというと、和歌山県の「エフエム和歌山」の「ナナコ」さんが既に稼働していて一時期話題になりましたね。

米Amazon.com(以下、アマゾン)がクラウド経由で提供しているAIサービスを利用して、エフエム和歌山の職員が音声読み上げシステムを手作りし多というやつ。

エフエム和歌山のは「音声読み上げ」だけだけど、「ニュースのヨミ子」さんは

自分で考えてしゃべるのかな?

人間の出演者と掛け合いもできるようになるのかな?

とかいろんなワクワクが止まりません。

コスト的にもアナウンサー一人雇うことを考えるとバカ安なんじゃないでしょうか。

だって女子アナってすごく高給取りのイメージ。

あ、NHKか。

でもそこそこ年収いくでしょ!

で、「ニュースのヨミ子」さん、どっかで見たことあるような・・・

と思ったら、あれでした。

デザインは「コップのフチ子さん」を手掛けたタナカカツキさん。

これを作った人ですね。

めっちゃよく似てる。

もう達也か和也か南かみゆきかよくわからんくらい。

「コップのフチ子さん」はもう担当コーナーも決まっていてすごく期待されている新人さんのようですね。

初めは役立たずのペッパー君みたいな感じで、入力した文章しか読めなさそうですが、どんどん進化するんでしょうね。

まあ、Siriとかアレクサがけっこうまともな会話をするので大丈夫だと思いますが、思わぬ放送事故とかあったりして。

人類抹殺するみたいなこと言うAIいましたよね。

何にせよ、楽しみですね。

これが成功すれば他局でも採用するだろうし、俳優とか、歌手とか、お笑いとかにも・・・?

しゃべり関係の職業の人には脅威かも知れませんがwww。

 

 







CATEGORIES & TAGS

未来テクノロジー, , ,

AD






ブログランキング 応援お願いします

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

目元パッチリまつ毛で変わる!

水虫のおなやみ

ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ