毎日の出来事、ごはん、パソコン、気になったこと。かわいがってる猫のこと。

未来テクノロジー

【未来テクノロジー】なんちゅう高校生! 無線通信の新技術を発表

投稿日:2018年3月26日 更新日:

どうもこんにちわ!unianikiiです。

携帯電話業界では次世代の5G通信が話題ですが、そういうことを全部ひっくり返すような技術が横須賀の高校生によって発表されました。

ちなみに横須賀出身の先輩が

「横浜はハマっ子でちょっとイイ感じだけど、俺ら横須賀だからスカッ子なんだよね。ちょっと間抜け。」

といっていたのを思い出しました。

スポンサーリンク




第6世代移動通信「MARIA方式」

論文タイトルは「第6世代移動通信に向けた変調方式の研究」で、同校の瀧川マリアさんと原佳祐さんがまとめた。現在の高速データ通信技術「MIMO方式」は、複数のアンテナから同じ周波数で送信した電波が障害物で乱反射し、波形がゆがんだ状態で受信される。しかし、2人はあらかじめ周波数や振幅を変化させ「模様」をつけた状態で送信する独自理論を展開。瀧川さんの名前にちなみ「MARIA方式」と名づけた。

参照:毎日新聞

オッソロしい高校生ですね。

私が高校生の頃はもちろん携帯なんかなくてバイクのこととビーバップのことばかり考えていましたけどねwww。

この二人が研究した「MARIA方式」の通信技術が完成すれば、少なくとも10倍の通信速度が実現するらしいです。

現在の10倍か5Gの10倍かはわかりませんが。

仮に今の4G(150Mbps)の10倍だとすると1.5Gbpsですから、5Gの10Gbpsには遠く及ばないので、5Gの10倍ってことでしょうね。

ということは100Gbps!

数字が大きすぎてピンときませんがいろんなものが速く送れそうですwww。

当然光回線なんかよりも全然早いわけで(一番早い光回線はNUROの2Gbps)。

この技術が完成すれば、ほとんどのことがリアルタイムに反映されるようになるので、生活がガラッと変わるかもしれませんね。

具体的には思いつきませんが、AIと組み合わせた車のとか電車の自動運転の中央管理とか。

パソコンにも高価なパーツを組み込まなくても、通信速度が速いのでサーバー側のPCに処理させるとか。

となると、スマホも最低限のスペックで安く作れるので、安く済みます。

参照:神奈川県、横須賀リサーチパーク

それにしても、高校生でねえ・・・。

大学で勉強するようなことなんか何もないんじゃないですかね。

春風ちゃんといい、将棋のうまい子といい、すごい子供がごろごろ出てきますね。

かと思うと国会ではいい大人がどうでもいいようなことをいつまでもおしゃべりしています。

なんだかな~。

 

 







-未来テクノロジー
-, ,

AD








このページの検索

ブログランキング 応援お願いします





ブログランキング 応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

目元パッチリまつ毛で変わる!

水虫のおなやみ